善怒者养肝食べ物を食べる必要がある理气春季優先セロリ

肝郁气滞主な症状:しきりにため息、胸の脇の膨れる痛みや串痛など.肝郁气滞症の原因の多くは憂鬱、精神が刺激されたり、トラウマ史と.対策:まず、精神の養生の方法とし情志調節し、原因について治療の方法を取る誘導.食を食べることができて、気持ちいい理气作用の食品、例えばセロリ、シュンギク、トマト、大根、オレンジ、ゆず、柑橘類、シトロン、仏手など.癇に炎の症状:眠れない多い夢、目の赤い腫れ、口の苦しみ渇きなど.原因の多くはかんしゃくが長く鬱、や喫煙飲みすぎて、或いは食べ過ぎて甘肥辛いものだ.対策:除は禁煙して酒を制限し、食べるのを避けて甘肥辛い食品のほか、適量に多く食べてサン泄熱食品、例えばニガウリ、苦い、トマト、緑豆、緑のもやし、黄色のもやし、セロリ、白菜、きゃべつ、針の料理、菜の花、ヘチマ、スモモ、靑梅、サンザシやミカンなど.脾臓のびくびくする肝に主な症状:身だるさがだるい、食が腹部膨満、両わきの膨れる痛み、大便はまばら沼など.病因が多いのは、性質が虚弱で、かんしゃく太盛、脾の機能に影響すること.対策:健脾臓が理气を主として、食を食べる必要があるいくつかの内臓を強くする益の息に効果のある食品、例えばインゲン、コウリャン米、ハトムギの実、蕎麦、栗、蓮子、オニバスの実、山芋、ナツメ、ニンジン、キャベツ、カボチャ、かんきつ類、オレンジなどの食べ物.

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *