シアリスはどんな副作用がありますか

シアリスは003年にアメリカのイーライリリー社が製造を開始して、日本では2007年がら発売となりました、日本では2007年7月31日に[5mg] [10mg] [20mg]の3種類の規格で製造販売承認を取得しています。従来のED治療薬バイアグラ・レビトラと違い、投与後36時間まで有効性が認められており、体内に吸収させてしまえば食事の影響も受けない特徴があります。また効果がゆっくり、現れるため、他のED治療薬と比べて、副作用も少なく、症状も軽いです。これからシアリスの副作用について説明します。

シアリスを服用した際に出る副作用については、顔のほてりの紅潮、目の充血、頭痛、胸焼け、鼻づまり、動悸、めまい、視界が白く眩しく見えるなどがあります。これらの副作用はシアリスの有効成分であるタダラフィルの効果で、血管が拡張されその効果が全身に発生しているからです。シアリスの効果がしっかりと効いている証拠だと思ってください。効果切れとともに消えますから、心配する必要がありません。

国内データ:承認時までに、国内用量反応試験において本剤5mg~20mg群に割り付けられた総症例257例中70例(27.2%)に副作用が認められた。主な副作用は頭痛29例(11.3%)、潮紅13例(5.1%)、ほてり9例(3.5%)、消化不良6例(2.3%)等であった。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *