シアリスとバイアグラの違い

シアリスはバイアグラの後に開発されたED治療薬です。日本では2007年7月31日に[5mg] [10mg] [20mg]の3種類の規格で製造販売承認を取得しています。発売10年間、全世界で1000万の患者に支持されています。現在になっては最も人気なED治療薬と言っても過言ではありません。シアリスとバイアグラは同じく、ED治療のために、開発した薬です。使う成分が違うため、期待できる効果も少し違います。これからシアリスとバイアグラの違いについて紹介します。

シアリスはバイアグラの後にできたED治療薬ですが、食事の影響がありません。バイアグラは服用後1時間ほ どで効果が現れ、5時間ほど保つことができるに対して、シアリスは溶けにくい性質のため、服用から3時間程で作用し始め、最長36時間まで効果が見られます。そしてバイアグラに比べて、比較的シアリスの副作用が少ないです。

食事の影響がないシアリスですが、一定量以上の食事を摂った後、吸収が悪くなり、副作用が出ます。代表的な副作用の顔のほてり、頭痛などはどちらも共通しています。効果には個人差があります。

シアリスとバイアグラ両方も血流を促し、勃起を起こさせる働きのあるED治療薬です。シアリスは食事の影響を受けない、と作用時間長く、服用するタイミングを考えずに使用できます。バイアグラは比較的作用時間が短いですが、シアリスより効果が出やすいメリットがります。

 

シアリスはどんな副作用がありますか

シアリスは003年にアメリカのイーライリリー社が製造を開始して、日本では2007年がら発売となりました、日本では2007年7月31日に[5mg] [10mg] [20mg]の3種類の規格で製造販売承認を取得しています。従来のED治療薬バイアグラ・レビトラと違い、投与後36時間まで有効性が認められており、体内に吸収させてしまえば食事の影響も受けない特徴があります。また効果がゆっくり、現れるため、他のED治療薬と比べて、副作用も少なく、症状も軽いです。これからシアリスの副作用について説明します。

シアリスを服用した際に出る副作用については、顔のほてりの紅潮、目の充血、頭痛、胸焼け、鼻づまり、動悸、めまい、視界が白く眩しく見えるなどがあります。これらの副作用はシアリスの有効成分であるタダラフィルの効果で、血管が拡張されその効果が全身に発生しているからです。シアリスの効果がしっかりと効いている証拠だと思ってください。効果切れとともに消えますから、心配する必要がありません。

国内データ:承認時までに、国内用量反応試験において本剤5mg~20mg群に割り付けられた総症例257例中70例(27.2%)に副作用が認められた。主な副作用は頭痛29例(11.3%)、潮紅13例(5.1%)、ほてり9例(3.5%)、消化不良6例(2.3%)等であった。